今年5月に92歳で亡くなった

絵本作家の 加古 里子(かこ さとし)先生の

最後の絵本が今月の11月8日に発売されました。

 

『みずとはなんじゃ?』 小峰書店

かこ さとし・作

鈴木 まもる・絵

 

私はたまたまテレビで

6月4日(月)に

NHK『プロフェショナル仕事の流儀

こどもたちのためにかこ さとし最後の記録』

のドキュメンタリー番組

をみました。

 

体調が悪く、絵を描ききることに自信を持てなかった

加古先生が3月、編集者を通じ自然に精通されて

いる加古先生の大ファンの画家鈴木さんに依頼されました。

鈴木さんは先生と直接やり取りされていました。

息をするのも苦しそうな加古先生が、絵本の意図を懸命に

鈴木さんに伝える

場面はもう涙が止まりませんでした。(涙)((-“-)

 

先生は「水を総合的に捉えた集大成の作品を作りたいー。」

と2年以上前からこの案を温めていたそうです。

(先生のお身体の具合を考えると凄すぎます。)(*_*)

 

この本の内容ですが、

水の性質や役割を、生活の中の身近な例とともに紹介

されています。氷や水蒸気に変わる水を「にんじゃ」「やくしゃ」

と呼ぶなど、お子さんにもとてもわかりやすく表現されています。

おしまいはスケール大きく読者に環境の保全をも伝えています。

まさに加古ワールド満載の絵本だと私は思います。

 

私だけでしょうか?

絵本に出てくる登場人物の「りょうりにん」と「いしゃ」

は加古先生にそっくりなんです。(笑)

また本屋さんで一読してみてください。

 

今、購入すると初版限定の特製冊子がついています。(*^。^*)

 

https://www.komineshoten.co.jp/search/info.php?isbn=9784338081610