「先生、見て!見て!」

と持って来てくれたのがかぶと虫です。

「これ捕ったんだ。」

「どこで?」・・・

子どもは自分に興味があるものを相手に見て欲しくなります。

特に親にはもっと見て欲しく

そのことを認めて欲しい気持ちで一杯です。

 

たとえば、

スポーツの成果(スイミング、バレー、サッカー、体操、野球 など)

おけいこ(絵、工作、英語、書道 など)

お勉強の成果  などなど。

 

親はそれを見て「すごいねぇ~」「がんばってるね。」「この調子。」(*^。^*)

と応援するとさらにその能力は間違いなく倍増すると思います。(*^^)v

 

先日、新聞の投書欄で

『スイミングスクールのガラス越しにある見学のベンチで

スマートフォンばかり見てご自分の子どもの行動を

全く見ない親がいる。』と載っていました。

ちょっと悲しくなりました。

 

こういう話を聞きます。

 

ある小学校でのマラソン大会で

練習の時はそれほどご自分のマラソン順位が伸びないけれど

本番の時や家族の人が応援して見に来てくれる時だけは

順位が練習時以上に伸びるそうです。

 

やはりそれも愛情ですね。(*^^)v

 

見て!見て!