「絵(挿絵)がきらい。」(@_@)

(そんなこと言わないで読んでごらんよ。(*^。^*))

「なんだかむずかしそう。」(@_@;)

(少し読んであげるから聞いてごらんよ。(*^。^*))

と子供たちに勧めてもなかなか読んでくれない本です。

でも、よみ終わったあとニコニコしながら
私のそばに寄って来て、

「先生、面白かったよこの本!!。」

先生「本当に、そう言ってくれたら良かった。」(*^。^*)

「この本読んで本が好きになった。」っていう
お子様もいましたよ。

『大どろぼうホッツェンプロッツ』偕成社

作・オトフリート・プロイスラー

※ おばあさんの大切なコーヒーひきを奪った
大どろぼうを追って2人の少年(カスパール・ゼッペル)
が大活躍。スリルとユーモアーの大傑作です。

最初は興味がわかないかもしれませんがどんどん読み
続けてください。読んでいるうちに物語の世界に引き
込まれいく作品だと思いますよ。

読書に慣れていないお子様は全部読み聞かせを、少し
ご自分で読めるお子様は最初だけ読んであげてみては
どうでしょう。(^。^)y-.。o○

少し春休み時間がありませんか?

新学期最初の本紹介です。

この本でたくさんのお子様が
  読書好きになりますように・・・・。(*^。^*)