先日に年中児A君のお母様からこんなご質問をうけました。

「先生、うちの子が

生き物の中でたまごから生まれるものと

お母さんのおなかから生まれるもの

区別が分からない?みたいです。」

「何か、こどもでも一目で分かるような本はありますか?」と。

 

これに関係する本は無いと思います。(もし、あればごめんなさい。)

 

魚・鳥類・虫・は虫類などはたまごから生まれます。

ほ乳類はお母さんのおなかから生まれます。

以前に図鑑のご紹介をさせていただいたことがあります。

 

わたしは図鑑や本、インターネットで調べるのもとても良い方法だと思います。

でも一番大切なことは ある生き物に興味をもった時が一番大切です。

 

たとえば、道ばたで犬の散歩の光景を見た時、

「犬はたまごから、それともお母さんのおなかから生まれるのかなあ?」とか

「今、セミが鳴いてるね、これはたまごから、お母さんのおなかから?」

とお子様に随時問いかけをしてはいかがでしょうか?

 

ご本人が興味をもたない生き物にかかわらず

身の回りの見た生き物から意識をさせて理解させることも大切です。

その質問を繰り返していく間にだんだんと魚・鳥類・虫などのなかまはたまごから生まれ

ほ乳類はそうでないことが分かっていくと思います。

(鳥や亀などはたまごの殻でおおわれ、かえるやとんぼのたまごは水の中で

こおろぎやバッタは土のなかで過ごしますし様々です。

こんな時、図鑑やインターネットなどを利用されて親子で調べてみてください。

親子で共有することはお子様にとっても良いことだと思います。)