「せつない」と言えば

あなたは何を思い浮かびますか?

私はこの本を思います。

『せつない動物図鑑』 ダイヤモンド社  1000円
ブルック・バーカー 著・服部 京子 訳

この本の著者は現在オランダに住むイラストレーターで

ウェブサイトで連載していたものを初めの著書にまとめた
ものらしいです。

昨年は、アメリカで出版されすでに韓国や中国、フランス、ドイツ
でも翻訳されたそうです。

日本でも今年の7月中旬に刊行され翌週には増版されるほどで
とても評判が良かったみたいです。

原書はどちらかと言えば大人向けですが子供にも親しめるように

すべての項目に大きさや生息地などの図鑑データーを付記されて
います。

イラストの一言吹き出しも日本向けに書き換えられています。

動物好きのお子様にはピッタリの本だと思います。

まずは、お父さん、お母さんが読まれてから、
お子様に読み聞かせをしてあげてはいかがでしょうか。

「エ~!!そうだったんだあ~。」って
少しリアクションをオーバー気味にすると

お子様の興味も倍増するかもしれませんよ。

身近で見てきた動物にこんな習性が!

こんな特技が!と分かると、

私も目からうろこでした。(*^。^*)

私はいつも思うのですが、本のご紹介文はその人の
価値観、感覚、考え方、経験値などなど様々なので

もし、ご興味がなければごめんなさい。<(_ _)>