新年長クラスのテキストの中で
「バット」と「ボール」の絵が出てくる問題がありました。

先生「では、このお名前は何と言いますか?」
(私は野球で使用する「グローブ」の絵を黒板に描き指示しました。)

Aくん「あっ!!こうしてこうするもの。」
(Aくんは野球選手がするようにボールを受けるしぐさをしました。)

Bちゃん「野球で使うボールを受けるもの。」

残念ながら「グローブ」という名前は出てきませんでした。(@_@;)

先生「では、この名前は?」
(次にテニスで使うラケットの絵を描きました。」

Cくん「こうしてこうするもの??」
(やはりラケットを振るしぐさをしながらCくんも答えました。)

そして、バトミントンの羽(シャトルコック)、バトミントンのラケットの絵も描きました。

全てお子様方はそれらの名前を知りませんでした。
ほとんどのお子様が「見たことがある。」と答えました。
(さすがに最初の文字「ラ」とヒントを出すと「ラケット」と出てきましたよ。)

分かっているようで分かってないのがものの名前です。

以前にお知らせで『「ひくい」の反対は何ですか?』
お話をしたことがあります。

その時「こどもの ことば じてん」をご紹介しました。

それと同じシリーズで

「ものの なまえ 絵じてん」という本があります。

これは幼児の身近な「ものの なまえ」グループ分け
   分野別で構成されてとても分かりやすいです。

「こども ものの なまえ 絵じてん」  増補新装版  三省堂

「こども じてん」といっても私の知らなかった
ものの なまえが たくさんありました。

ビックリです。(@_@;)

この絵じてんも 分からないなまえだけを調べるのではなく
何かきっかけがある時をみつけ絵本のように

調べたいことば以外のことばも説明してあげる
ことが大切です。

この本も読み手の手間がかかるじてんかもしれません。

でも間違いなくもののことばの語彙が増えると
思います。

読み聞かせに自信がある方は
リビングの本棚に一冊いかかでしょか? (^。^)y-.。o○