「なかよし」はいい言葉ですね。

今日、ご紹介する本の題名は

「ぐりとぐら」です。

中川 李枝子 作 / 大村 百合子 絵    福音館書店

 

この作品は1963年月発行の「こどものとも93号」に発行されているそうです。

ですから、親子2世代どころか

祖父母を含め3世代が読んでいるかもしれませんね。

とにかく何度読んでも面白い絵本です。

文章も歌のようにリズミカルですし

何よりも楽しい気分にさせてくれます。(^.^)/~~~

本の読み聞かせには最適な絵本だと思います。

みなさん、この「ぐりとぐら」のシリーズは10冊以上も

あるそうですよ。

ご存知でしたか?

わたしも知りませんでした。(ー_ー)!!

とにかく仲良しなんです「ぐりとぐら」は。(*^。^*)

お気に入りの1冊に入れていただけませんか?ぜひ <(_ _)>