「笑う時も、いっしょに。」

「楽しい時も、いっしょに。」

「喜ぶ時も、いっしょに。」

「驚く時も、いっしょに。」

「遊ぶ時も、いっしょに。」

「感動する時も、いっしょに。」

「疑問に思う時も、いっしょに。」

「学ぶ時も、いっしょに。」

「おこる時も、いっしょに。」

「悲し時も、いっしょに。」

「さみしい時も、いっしょに。」

などなど

親と子が共有することはとても大切なことだと思います。

「共有」(共同で持つこと。)

「物」も もちろん共有することは大切なことですが

「物」以外にも

「気持ち」「感性」「感情」「興味」「思考」「目標」

「趣味」「スポーツ」・・・・など色々限りがないと思います。

 

共有することでお互いの連帯感が生まれます。

よい親子関係、信頼関係が保てることができます。

 

(お母さんは撲の気持ちが分かってくれているんだ。)

(意外とこの子いい趣味してるかも。)と心でつながるかもしれません。

 

 

「勉強しなさい。そんなことじゃ、○○さんのような立派な人にはなれないよ!!」

と、ご本人におしゃっていませんか?

いろいろなご事情がおありでしょう。(ー_ー)!!

私はそれほどは偉そうなことは言えませんが、

お子さんはお子さん、親は親だと思います。(以前『他は己にならず』でお話をしたことがあります。)

 

「じゃあ、お母さんといっしょに勉強しようか。(*^。^*)」

でよいと思います。(意外とお子様の学習も時には親にとっても

とても勉強になったりします。(*^^)v)

 

たとえば、お子さんがご自身には興味のない本があった時

その本の表紙を見せ、1~2ページ開いてみて

「この本面白かったよ、今日は久しぶりに読んであげようか?」

と話かけるのもいいと思います。(^.^)/~~~

 

いかがですか?

『共有』すること。