子育ての「D」についてお話をします。

 

お子様が日常生活で何か失敗をした時は

ダメ」ではなく「大丈夫」と言ってあげましょう。

 

たとえば

お子様がお食事のお手伝いで

洗ったお皿を拭いてくれたと考えましょう。

ところが、あやまって手がすべり床にそのお皿を落としてしまい

お皿が割れてしまいました。そこで

「ダメでしょ!!」

とあなたは叱ってしまいました。

ご本人は自信失ってしまうかもしれません。

また、もうお皿ふきを二度としなくなるかもしれません。

でも、「大丈夫だよ。」といってあげる方が今後のためにもなると思います。

 

たしかにお皿を落としたことは反省させなければなりませんが

お皿を落とした原因(お皿の持ち方、お皿の拭き方など)を

注意してあげたらどうでしょう。お子様ご自身を叱るのでなく

ご本人の行動を指摘(注意)してあげたらいかかでしょうか?

 

「ダメ」は本人にが自己否定されたと感じます。

でも「大丈夫」は自己肯定されていると感じます。

 

自己肯定は次回はがんばろうと物事に対して

意欲が出てすべて前向きの考え方がうまれます。

 

大人だってそうだと思いませんか?「ダメ」と言われて自己否定されるより

その行動を叱ってもらった方が立ち直りが早いでしょ。

私なんか心が折れてしまいます。(--〆)

 

「大丈夫」は「大丈夫?⤴」の疑問型ではありません。

「大丈夫」は「大丈夫だよ。(*^^)v」肯定的な言い方です。

 

子育ての「D」のお話でした。